●地域包括支援センター
高齢者が住みなれた地域で、いきいきとした生活が持続できるよう、多様なニーズや相談に総合的に対応し、介護予防等必要なサービスを包括的・継続的に調整する地域の拠点となる機関です。主任ケアマネジャー(管理者)、社会福祉士、保健師、ケアマネジャーなどの専門職を配置し、その知識や技能を活かしながら、高齢者への総合的な支援を行います。市内には10 のセンターが設置されており、鎌倉静養館は平成24年6月より、鎌倉市の委託を受けて鎌倉地域を担当しています。
概要
地域包括支援センター鎌倉静養館
〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜4-4-30 特養鎌倉静養館 別館内
江ノ電・和田塚駅下車徒歩5分
TEL:0467-23-9110/ FAX:0467-23-9118

 開所時間 
  8:30~17:30
  (緊急の場合には上記時間外にも相談可)
  休業日:日・祝日及び年末年始

 スタッフ:主任ケアマネジャー(管理者)、社会福祉士、保健師、ケアマネジャー

 担当地域:鎌倉地域
  由比ガ浜1~4丁目、笹目町、
  佐助1~2丁目、長谷1~5丁目、坂ノ下、
  極楽寺1~4丁目、稲村ケ崎1~5丁目
主な活動
予防介護ケアマネジメント
要介護状態とならないための予防と要介護状態の悪化予防のマネジメントを一体的に実施します。
 総合相談・支援
高齢者やそのご家族などからの介護や生活全般について相談に応じ、適切なサービス機関につなぐなど総合的な支援をします。
 権利擁護、虐待防止、早期発見
高齢者や障害のある方の人権や財産を守る成年後見制度の利用案内や虐待防止・早期発見を進めていきます。
 暮らしやすい地域のためのネットワークづくり
地域のケアマネジャーへの支援や高齢の皆さんが暮らしやすい地域にするため様々な機関との支援ネットワークづくりに力を入れます。

 

社会福祉法人 鎌倉静養館
(c)all reserved 2010